ED治療薬を個人輸入で購入する際の注意点!

ED治療薬のバイアグラやシアリス、レビトラは、個人輸入であれば処方箋がなくても購入できます。しかし、注意しなければならないポイントがあります。個人輸入を利用して、正しく安全にED治療薬を購入できるように、注意ポイントをまとめました。これから個人輸入を利用しようと考えている方は、是非読んで下さい。

*

味のついた飲みやすい工夫のED治療薬

   

ストレスや糖尿病などでEDを患う方が増えつつあります。超高齢化社会ということもあり、60代や70代でED治療薬を使う人は少なくないです。

某外資系製薬会社が開発したED治療薬は錠剤であり、販売当初は味がついていないものでした。服用しやすいように最近では味付きが発売されました。

飲みやすい工夫のED治療薬が増えてきた

味付きは1種類で、ミント味です。いろいろな味が開発されましたが、大人が服用するということで、ガムのミントの頻度が高いことをヒントにできあがり、かつ水を必要としないため、飲みやすい錠剤になっています。

いわゆるラムネ感覚ですので、口の中にふくむとじわーっと溶けだします。味をつけたり、水を必要しなかったりで、ずいぶん飲みやすくなったため、この薬の需要が高まりつつあります。

この薬を服用するには医師の診断を必要としますので、専門の医療機関で診てもらってください。以前は保険が適用されませんでしたが、今では保険適用(1~3割が自己負担)のため、金銭的なものを心配することはほぼないです。今後この薬の需要がさらに高まっていけば、数種類の味が登場し、かつ値段も下がっていきます。

また、個人輸入であれば、購入できるED治療薬の種類が豊富のため、病院で処方されていないものを選ぶことができます。

ED治療薬は医師の指示通りに服用する

この薬にかぎらず、この10年の間に、味をつけたり、水なしであったりの錠剤が急速に増えてきました。特に飲みこみの悪いお年寄りや、寝たきりの人には都合がいい薬のです。患者さんがいかに指示通り飲んでくれるかは医師や薬剤師がわかりやすく説明します。

飲み方に少しでも疑問などがありましたら、薬の専門家である薬剤師にたずねてきてください。自分の健康や体のことです。健康管理をしっかりできれば、人生80年以上と言われる社会に元気よく生きていくことができます。

薬を医師の指示通りにしっかり薬を飲んでくれるかは、本人の意識の持ちようです。飲み忘れや、飲み間違いがないようにしっかり服用してもらうことで、回復が早くなり、体調も良くなっていきます。そのことで、薬に対する信頼性がずいぶん高くなっていきます。